産婦人科は女医がいい?

産婦人科に行くのは抵抗がある女性は多いはずです。行くだけで抵抗があるから、診察はやはり同性である女性がいいという意見を多く聞きます。確かに同じ女性である女医なら、同じ女としての体の悩みが分かる部分も大きいはずです。

しかし医師という立場に女医の方が産婦人科がいいという事が一慨にいえるでしょうか。女医でも同じ女性の気持ちが分からない女医もいるだろうし、男性の医師でも女性の気持ちを理解し、相談に乗ってくれる医師もいるはずです。

男女という性別で医師を判断するのではなく、一人の医師として見るべきではないでしょうか。産婦人科の医師として信頼出来る医師が、一番ではないでしょうか。産婦人科は女医がいいという意見の反面、男女の性別は医師には関係ないという意見もかなり多いようです。産婦人科は、女性にとってデリケートな悩みや恥ずかしいさを感じる場所です。

だからこそ、男女ではなく人間的な医師が産婦人科にはいいのではないでしょうか。