産婦人科について

産婦人科とは

産婦人科というと、妊娠出産の時に通うイメージがあります。普段は、なかなか敷居が高くて行きにくい気がしてしまうものです。しかし、実は女性にとって産婦人科とは身近なものでなくてはならないと思います。

例えば、女性にとっては婦人科系の病気は安易な自己判断で放置してはいけないのです。確かに、気恥ずかしい気持ちがあるものですが、小さな病気が将来的に取り返しのつかない病気に発展する事もあります。医師による正しい治療で、しっかりと治癒させる事が必要です。

他にも、いざ妊娠出産を望んだ時に、不妊症などの体質や病気を知ることもあります。今の医療は進化していますから、早めに治療をしておけば、大切な時に自分が困る事も少なくなります。

また、子宮頸がん検診を定期的に受けたり、病気の早期発見のためにも大切な事です。女性にとって、産婦人科とはもっとも寄り身近なものとして存在すべきだと思います。まずは、いつでも通える産婦人科を作っておく事が大切です。

産婦人科への不安

女性にとって産婦人科に門をくぐる事は、最初はかなりの勇気が要ります。それは、産婦人科の内診に対して大きな不安があるからです。体調が悪く産婦人科に行きべきだと思っても、なかなか直ぐに産婦人科に行く事が出来ないものです。

女性にとって産婦人科での内診は妊娠なら、不思議とそこまで躊躇わずに行けますが体調がおかしいとなると何故か不安で行くの勇気が出ないものです。多くの女性がこの産婦人科の内診に対して不安や恥ずかしさを感じて、産婦人科に行くのを躊躇った経験を持っています。

しかし実際に行って内診を受けてみると、医師も仕事ですからテキパキと診察してくれますし、症状についても風邪で内科に行った時の医師との会話と同じようなものです。悪い場所が、産婦人科系の場所であるだけです。

産婦人科への不安を抱えて診察を躊躇っていると、もし悪い病気の場合には大変な事になってしまます。不安へ恥ずかしさはあると思いますが、勇気を出して不安を消して下さい。